英会話をマスターするのにかかる時間

英会話をマスターするのに、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

英会話を勉強しても成果が見えない普通の人にとっては、切実な話でしょう。

1000時間理論というのを聞いたことがあるでしょうか。どのような分野であっても、真剣に1000時間も取り組めば一人前になれるという考え方です。

1000時間というとものすごい時間に感じるかもしれませんが、一日3時間を一年間続ければ、日曜日を休んだとしても十分達成できる時間です。

一日3時間が長いと思う人も多いでしょうが、通勤や通学に片道一時間かかるとすれば、往復で二時間の時間を確保できます。あと一時間を、朝起きたときか夜寝る前に確保すればいいだけです。

アルクのヒヤリングマラソンも一年で1000時間を目標にしていますから、一定レベルの英語をマスターしたいのであれば、あながち無理な数字ではないと思います。

スポンサーリンク

一日3時間といっても、ダラダラと英語の音声を聞いているだけでは効果がありません。ちゃんと集中できる時間を3時間確保する必要があります。

「とても無理だよ」という声が聞こえてきそうですが、一日の行動をグラフにしてみれば、案外簡単に確保できるものです。

例えば、テレビを観ている時間、漫画を読んでいる時間などは、誰でもあると思います。テレビを観る時間が毎日2時間あるとすれば、その時間に英会話の勉強をすれば一日2時間、プラス通勤・通学の2時間で一日4時間は勉強することができます。

この一年に何をしたかな?と振り返ったときに、「英会話のレベルが上がったけど、他には何もなかったな」というのか、「テレビを観て終わった一年だったな」というのか。

どれだけ英会話をマスターすることに情熱を持っているのか、それはあなた次第です。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法