音読は本だけじゃない

英語の音読と聞くと本を読むイメージが強いのですが、音読の方法はそれだけではありません。

洋画のDVDも、立派な音読の教材になります。

最近のDVDは字幕の設定を変えられることが多いので、プレーヤーを操作することで英語字幕を表示させることができます。

字幕は、Subtitleです。

音声と字幕を英語にすることで、立派な音読教材が出来上がります。

ただ英語を聞いても読んでも意味が分からない状態であれば効果はないので、最低限おおよその意味は理解しておく必要があります。

映画開始10分くらいがちょうどいい量だと思いますので、英語のリスニングと日本語訳を確認して、どの場面では何を話しているかを理解しておきます。

何度か観なおしてちゃんと理解しておかないと、英語字幕に切り替えた途端にチンプンカンプンという状態になりますから、何度も観てしっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

次は音声も字幕も英語に切り替えて、同じ場面を観ます。

字幕を目で追って、意味が理解できていれば合格です。この段階では音読する必要はありません。

意味が分かった時点で、1フレーズずつ一時停止をしながら、リスニング・字幕の音読をしていきます。

ゆっくり進むストーリーであれば付いていきやすいので、早口の洋画を選んでしまうと苦労するかも知れません。

自分の好きなジャンルのDVDでもいいのですが、できれば自分の理解度に合った洋画を選んだほうが続けやすいと思います。

超字幕シリーズはレベルに合った洋画が用意されているので、この中から選んでみるのも一つの方法です。

パソコンで観るタイプのものなので、英語字幕と日本語字幕を同時に表示させることもできます。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法