大人のための音読方法

中学高校と英語を勉強してきたけど、英会話ができない英語に自信がない成人のための音読方法を紹介します。

音読に使う教材は「音読の教材」でも紹介していますが、英会話に関する教材がいくつも部屋に眠っているのなら、これらを使うのも経済的です。

音読に適している教材は、書かれている英文の意味をほとんど理解できることが前提になります。意味の分からない英文を何度音読しても、お経を読み上げているのと同じでいつまでたっても意味は分かりません。

手元にある教材に目を通して、書かれている英文の意味が理解できなければ、その教材はハードルが高すぎるといえます。

勉強ですから新しいことを学ぶのは当たり前なのですが、あまりにも理解できない部分が多い教材であれば、学習に時間がかかり、いくら勉強しても理解できないし進歩もみられないので途中であきらめてしまうわけです。

あなたが英語に向いていないのではなく、英語教材や学習方法があなたに向いていないだけです。英文にざっと目をとおして、おおよその意味が理解でき、CDなどの音声が用意されている教材を選びましょう。

それでは具体的な英会話上達の秘訣を紹介します。

Step 1. 英語の基本を復習

長期間英語から離れていたり、英会話の上達が実感できないと感じているのなら、基本から英語を勉強し直すのが早道です。

英会話の学習で欠かせないのは、とにかく英語を声に出して頭ではなく口に覚えさせる必要があります。英語の発音やリズムを、頭で考えることなく自然に口からでるようにする訓練を一番最初に行います。

スポンサーリンク

>>Step 1. 英語の基本を復習に進む

Step.2 英文法を学習

知っている単語ばかり並んでいるのに意味が分からない、といった経験は誰にでもあるものですが、これは基礎的な英文法の知識が不足しているのが原因です。

Step.1 を修了すれば、英文法の知識がなくても意味が分かる英文は確実に増えてきますが、それだけでは不十分だということに気がつくでしょう。それは、ちゃんとした英文法の知識が不足しているからです。

>>Step.2 英文法を学習に進む

Step.3 英単語を増やす

英語のリズムを身につけ英文法を学習すれば、日常の英会話が少しはできるようになります。しかし、この段階では英単語の知識が圧倒的に不足しています。

英単語を前後の文脈から推測しないと英語力が付かないという意見もありますが、それは中級者以上の学習方法です。ある例文に英単語が10個あったとして、1つ知らないのならまだしも、3つも知らなければ全く理解できないでしょう。

熟語も同じで、「 put on 」 は「~を置く」という意味ですが、実際には I put my bags on my bed. のように使います。put on と覚えてしまうと、英語の文型に合わないので英訳も和訳もしづらくなってしまいます。

知っている英単語の量が増えれば、洋画やドラマを観たり洋書を読んでいると、思わずニコニコするくらい英語が理解できるようになります。

>>Step.3 英単語を増やすに進む

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法