英単語の覚え方2

英単語を効率よく覚えるには、単語の変化を覚える方法もあります。

基本的な英文法を理解していれば、品詞の種類に注意するようになり英文への理解も深まります。
英語に限らずラテン語から派生した言語では、複数の意味を持つ単語が組み合わさって一つの単語に
なっていることが多いので、単語の前後についている文字で品詞を確認したり意味を推測することができます。

英単語の変化は、単語の前に置くこともあり、単語の後に置くこともあります。

■英単語の前での変化

● in 本来の意味の否定 [ b, m, p の前では im- ]

inactive, independent, immoral, impossible

● un ~がない、~を取り去る

unlucky, unexpected, uohappy, unknown

■単語の後での変化

● ~ment 名詞 (動詞+ment )

apartment, achivement, commitment

● -tion 名詞

action, attention, location, station

● -tive 形容詞

active, negative, native, adjective

(ただし、executive のように名詞の場合もある)

● -ly 副詞 (形容詞に -ly をつけたものが多い)

slowly, gently, actually, deeply

(ただし、friendly など形容詞の場合もある)

英単語によっては例外もありますから、すべてを丸暗記するのは不可能です。例外的な英単語は音読・多読によってフィーリングがつかめれば、「これはおかしい」、「これが正しい」というのが感覚的に分かってきます。

英単語を丸暗記することも大切なのですが、音読だけではなく英文法を知ることで、英語をより理解しやすくなることは確かです。

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法