英語を音読する声の大きさ

英語を音読するときに、どれくらいの大きさの声を出せばいいのでしょうか。

アナウンサーの発声練習に興味を持ったときに少し調べたら、5メートル離れた人に届くような声の大きさで話すのが一番いいトレーニングになるのだそうです。

日本語は母音が多いので小さな声でもある程度は伝わりますが、声を商売にしている人は腹式呼吸ではっきりと話す必要があるということでした。

英語は子音が多いので、特に腹式呼吸で話すことが重要です。腹式呼吸でないと子音が小さくなってしまい、声が相手に届かなくなるからです。

スポンサーリンク

しかし5メートル先まで声を届かそうとすると、時間帯にもよりますが一戸建てでもない限りお隣さんに聞こえてしまって、ちょっと恥ずかしい思いをするかもしれませんね。

実は、どうしても大きな声で音読できないときの練習方法があります。

それは、両手で耳を押さえて声を出す方法です。いつもより、自分の声が大きくハッキリと聞こえませんか?

たまには、こんな英語の音読方法を試してみるのも、気分が変わって楽しくなるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法