英語辞書の種類と選び方

英会話を上達したいのなら、辞書も慎重に選ぶほうがいいでしょう。

昔は辞書というと紙の辞書しかありませんでしたが、今は目的によっていろんな種類の辞書を選ぶことができます。効果的に英会話を学ぶために、辞書の特徴を確認しておきましょう。

言葉というのは日々変化するものです。広辞苑が数年ごとに改訂されるのもそのためですね。10年前の辞書では、最新の用例にあわなくなっていることもありますから、買い替え時期も含めて購入を検討しましょう。

○紙の辞書
利点:英単語を早く覚えたいのなら、紙の辞書が一番オススメです。探した英単語が書かれている位置は単語ごとに違いますから、アルファベットの集まりというよりは「あの場所に書かれていた単語だ」という記憶も呼び出されるので、記憶に残りやすいのだと思います。

紙の辞書のいいところは、直接書き込めることです。英単語を調べるごとに、単語の下に○印を書き込んでいきましょう。

簡単に覚えられた英単語には○印は2~3個しかつきませんが、覚えにくい単語あるいは調べる頻度が少ない単語には○印が多くなります。何度も辞書を引いて覚えられない英単語にはいくつもの○印がついていきますから、早く覚えなきゃと一生懸命になる利点もあります。

○電子辞書
利点:英単語を調べる時間が短縮されるので、ペーパーバックなどを早く読めるのが一番の利点です。紙の辞書に比べてコンパクトで、英和・和英・英英辞書やTOEIC対策のテストなども装備あれていて音声が聞ける機種もあります。

スポンサーリンク

電子辞書の種類

調べた英単語をブックマークする機能もついていますが、暗記しやすさは紙の辞書にはかなわないと思います。

○インターネット
利点:様々な機能を売り物にしているサイトが豊富にあるので、自分の目的にあったサイトを選べるのが利点でしょう。

代表的な翻訳サイトを紹介します。

エキサイト翻訳個人的に一番利用頻度の高い辞書です。

Yahoo翻訳英語以外の言語サポートが豊富です。

Nifty 翻訳「Web翻訳」でサイトの英語を一括して和訳してくれます。

ライフサイエンス辞書プロジェクト専門分野の英単語を調べたいときに重宝します。

Weblio 辞書専門分野を細かく指定して英和・和英ができます。

理解.com英文のページを表示されておき、英単語にマウスを合わせると和訳が表示されます。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法