英会話コエダス MyET版

英会話コエダスMyET

コエダスはアルクでは珍しく、徹底的に英語を声に出す教材で、1000人の英語学習者へのアンケートから、日本人に必要な絶対に欠かせない表現を、日常会話・海外旅行・観光案内・ビジネスと、4つシチュエーションまとめているのが特徴です。

簡単なことなのに、「え~っと英語では何て言うんだったっけ」と、とっさに英語が出てこないといった経験のある人は多いと思います。

コエダスでは、よくある場面の調査を元に会話の内容を厳選して繰り返し声に出して練習するので、短期間で英会話の基礎を身につけることができます。

MyET では自分の音声をパソコンに録音することで即座に判定をしてくれるので、自分の発音に自信を持つことができます。

音声の波形

実際に MyET で自分の声を録音したのが下の図です。三角のプレイボタンをクリックすることで、先生の声と自分の声を聞き比べることができます。

先生の側に1/2 とあるのは半分の速度で再生する機能で、これは英会話初心者の気持ちを考えてつけられたものだと思います。

英会話コエダス MyET版の感想

一般の英会話教材は、「初めからネイティブのスピードに慣れましょう」と速度調節ができないものですが、正直、初心者は「もう少しユックリ聞けないかな?」と思っているものです。

無理やり早いスピードに慣れようとするものだから、ついていけずに途中でイヤになって「自分には英語の才能がない」と思い込んでしまって長続きしないものです。

アルクはさすがに英語教材の老舗だけあって、このあたりの受講生の気持ちがよく分かっているのだと思います。

子どもが言葉を覚えるのにも、初めはユックリとした話し方で徐々に早く話せるようになりますよね。ネイティブのスピードに慣れるのは、簡単な会話ができるようになってからでも遅くないと私は考えています。

スポンサーリンク

このように先生と自分の声を波形で見ることができますから、どの部分を強く発音したらいいのか、どの部分を長く発音したらいいのかが一目瞭然です。PCやボイスレコーダーなどに録音した自分の声を聴くよりも、より詳しく発音の違いを知ることができます。

録音した声を聴くだけでは、長い会話になると弱点に気づきにくいものです。

私の場合は、いくつかの会話で比べたところ、did の発音がいつも弱いことに気がつきました。この結果を元にして発音を修正したら、より自然な英語になりましたので、目で見えるMyETの効果は高いと思います。

コエダスMyET版では、自分の音声を発音やリズムなどから100点満点で判定して、自分で設定した点数(標準では80点)に達しないと次のスキットに進めないようになっています。

点数で練習の成果が目に見えるのは嬉しいもので、つい夢中になって何度もチャレンジしてしまいます

1スキットをパスするころには、内容はほとんど暗記してますし、発音も口が覚えてしまっているので、自信がついてくるのが実感できます。

先生の話し方は、普通の会話というよりは、教材らしい少し感情がこもった話し方になっています。その分、ハッキリとした発音なので、最初に真似をするのにはいい教材だと思います。

コエダスのホームページ
では更に詳しい説明を見ることができます。

コエダス MyET には体験版が用意されていますから、是非一度試していただきたい教材です。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法