30日間英語脳育成プログラム

音読用の教材として教科書的な文章を読み続けていても、上達の効果が自分で確認できないと不安になってしまい、途中で投げ出してしまいがちです。

英語を覚えるには、『聴いて口に出す』の繰り返しがもっとも効果的です。

子どもが言葉を覚えるのも同じプロセスで、大人の話す言葉やテレビのコマーシャルを何度も聴いているうちに話せるようになります。

大人が英語を覚えるのも同じで、このプロセスを繰り返せば確実に力がついてきます。

しかし、短期間で力をつけるにはコツがあります

日常英会話を話せるようになりたい、あるいは洋画やドラマを楽しみたいのであれば、日常会話を取り入れた教材が最適です。

簡単な単語やフレーズから始めて、徐々にステップアップしていくのが基本です。もう一つ注意したいのは、英会話初心者用にゆっくり発音されたものではなく、初めからナチュラル・スピードから始めるということです。

30日間英語脳育成プログラムはこのようなポイントを押さえていて、音読を中心とした内容になっています。

初級・中級・上級とレベル別にコースが分かれていますから、同じ学習方法で無理なくステップアップできます。

ナチュラルスピードで聞き取れなくても、繰り返すことで聞き取れたときはスッキリします。洋画や海外ドラマを英語で聞いてみれば、効果が確認しやすいと思います。

字幕には文字数の制限があるので要約しか表示されませんが、日本語訳には書かれていない英語が自然に聞き取れたときは嬉しくなってきます。

30日間英語脳育成プログラムの試用記

30日間英語脳育成プログラムはパソコンからCDを起動する教材で、起動させるとプログラムの進め方が表示されます。各レッスンは8つのステップで構成されていて、各ステップの学習の進め方が確認できます。

はじめはトコトン聞き取りをしてから意味を確認して、音読とシャドーイングをするといった手順です。

STEP2の「繰り返し聞く」を実行中

このステップでは、ひたすら聞き取ることに集中しますから英文は表示されません。非常に簡単な単語でも一回では聞き取れないことがありますから、耳に神経を集中して繰り返し聞きます。

スポンサーリンク

注意書きでは「最低30回は聞きましょう」となっていますから、「もうこれ以上は無理だ」と思うまで繰り返すことがポイントになります。

STEP3では英文を見て、自分が聞き取れなかった部分の確認をします。正直、中学生でも知ってるような英単語が聞き取れなかったときは落ち込みます。

難しい英単語が聞き取れないのは当たり前として、簡単な単語でさえ聞き取れないということが、逆に学習意欲を高めてくれるように感じます。

STEP4で和訳が表示されます

このステップで初めて日本語訳を見ることができますが、学校英語のように後ろから前に戻って訳す方法ではなく、英語の順に訳す練習です。

この後は、再びリスニングのステップで、聞き取れない単語がなくなるまで繰り返します。

英語を声に出す

聞き取りが完全になったところで、シャドーイング、音読と進んでいきます。音読に慣れていない人にとってはスムーズに声がでないと思いますが、何度も繰り返せば口が英語の形を覚えていきスムーズに読めるようになります。

1~2分の会話を学習するために何十回と同じ英文を繰り返すことになりますから、英語初心者であれば1時間以上はかかるはずです。

一番大切なことは、各レッスンを適当に終わらせないことです。

30日英語脳~というタイトルの英語教材ですが、30日以上かかっても構わないわけですから、1レッスンに2~3日かけてでも確実に各レッスンを終わらせるほうが、結果的には早く英会話をマスターできるはずです。

初級編では中学生でも分かるような単語でレッスンが進みますが、簡単だからこそ学習意欲も高まりますし、無理なく最後まで進めることができるのだと思います。

・英語をほとんど話せない
・少しは話せるけど普段は英語を話す機会がない
・英会話教室は費用が高すぎて

といった方に最適なプログラムだと思います。



30日間英語脳育成プログラムのサイトでは体験版も用意されていますから、一度試してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法