英語のリズムがマスターできる

洋画や海外ドラマを観ていたら、意味は分からなくても「英語を話しているな」ということは分かりますよね。カンフー映画なら中国語を話しているな、といったように、どの国の言葉にも独特のリズムがあります。

このリズムを身につけるには、何度も口に出すしか方法がありません。

英語を聞き流していたら、いつの間にかペラペラとネイティブ並みに話せるようになった人は、一人もいません。

話す練習をしていないのに、どうして?いつから?上手に話せるようになるのでしょうか。

英語のCDや英会話のCDを持っている人は、テキストを見ながら自分の声を録音して、CDの音声と聞き比べてみてください。

英単語の発音や、全体の抑揚がCDとはまるで違うことに驚くはずです。

一般的に日本人の話す英語は海外の人には通じにくいといわれています。

スポンサーリンク

逆にヨーロッパ圏や東南アジアの人が話す英語は、日本人には聞き取りにくいのに、ネイティブの人には聞き取りやすいそうです。

これは単純にリズムの問題だと私は考えています。どこで区切るのか、どこまで続けて話すのか、といったリズムが日本語は独特なのだと思います。

これは、英会話初心者の人であれば、英語力が同じ位の人と英語で話してみれば分かります。多分、相手の言っていることは理解できるでしょうし、自分の話す英語も相手に伝わるはずです。

でも、小さな子どもが話す英語や子ども向けのアニメは、聞き取ることもできないでしょう。

これは単語力というより、英語のリズムが身についていないので、脳が違和感を感じて理解しようとしないだけだと思います。

英語のリズムが身につけば、重要な英単語も自然と聞き取れるようになります。

この英語のリズムを身につけるにも、音読は最適です。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法