音読は塊を意識する

英文の音読をするときに一番注意したいのが、音節を意識するということです。

教材の音声を聴くと、必ず文章の中には間があります。この音節を意識するかしないかで、英語の理解力は格段に違ってきます。

日本語には読点(、)があるのでこの間は分かりやすいのですが、他の言語には使われないので見落とされがちです。そのためこれから音読を始める人には、音節にスラッシュ(/)を書き込むことをおすすめしています。

どうして音節が大切なのかというと、長文英語でも頭から理解できるようになるからです。この方法はサイト・トランスレーションとかスラッシュ・リーディングと呼ばれるもので、通訳の専門学校などでも使われています。

スポンサーリンク

ですからスラッシュはどこに入れてもいいというものではありません。入れる場所を間違えると、文章そのものが意味をなさなくなってしまいます。

英文法を無視して文を区切ると意味がないので、始めは音声に従ってスラッシュを入れていくほうが確かです。

慣れてくると意味の塊のようなものがわかってくるので、音声がなくてもスラッシュを入れることができるようになります。

スラッシュまでを音読したら、日本語の意味を確認します。日本語訳も声に出して練習すれば、同時通訳者になれるかもしれません。

長い英文を読むと最初に書かれていたことを忘れてしまって、長文の間を行ったり来たりして、やっと日本語で理解できた。こんな人にピッタリの練習方法です。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法