音読が退屈に感じたら

音読は英会話のレベルアップには欠かせない練習方法ですが、音読が退屈に感じることもあるようです。

音読を退屈に感じるのは、やり方を間違えているのが一番のだと思いますので、以下の項目をチェックしてみてください。

1.外人さんのポスターなどを用意しているか

音読は、単に本を読むだけの練習方法だけではありません。同じ部屋に外人さんなどがいて、その人に話しかけるように音読することが重要です。

頭で外人さんをイメージするのもいいのですが、脳に余計な負荷がかかりますから、ポスターやインターネットからダウンロードした写真などをプリントアウトしたものを貼っておくほうがいいです。

2.感情を込めて音読しているか

英語を音読するのに大切なのは、感情を込めて読むことです。Excuse me. という節があったとしたら、ニコニコしながら片手を上げて外人さんを呼びとめるようにしてください。

スポンサーリンク

音読している英語を日本語に訳すのではなく、イメージの世界に入ることで英語を英語として理解できるようになりますから、ダラダラと読むよりは、音読が楽しくなってくるはずです。

3.大きな声を出しているか

できるだけ大きな声で音読することも大切です。普段の生活でも興奮しているときは、声が大きくなっているはずです。興奮しているのは脳が活発に活動している証拠です。逆に大きな声を出すことで、脳の活動を活発にすることができます。

英語に限らず、脳が活発に活動しているほうが学習効果が高いことは想像できると思います。

以上3つのことを頭に入れて、英語の音読をやり直してみませんか。いつもと違う方法を取り入れることも、退屈やマンネリから脱出する方法です。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法