音読を録音する

英語の音読に慣れてきたら、自分の発音を録音して確認してみましょう。今まで聞き続けてきたCDの発音とあまりに違うので驚くかもしれませんよ。

自分ではCDの通りに話しているつもりでも、発音のクセがついてしまっていたり、抑揚が違っていたりすることに気づくはずです。自分の弱点を知ることは上達の早道ですから、CDの音声と同じになるように何度も繰り返して練習しましょう。

声がこもってしまっているようなら、目の前に好きなタレントが立っていると思って、笑顔で音読してみましょう。英語では口を横に開いたり縦に開いたりする動作が日本語よりも大きいので、オーバーぎみに発音してみると聞き取りやすくなるはずです。

始めのうちは自分の声を聞くのが恥ずかしくて抵抗があるかもしれませんが、すぐに慣れますからぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク

携帯電話に録音

多くの人が持っている携帯電話には、自分の声を録音する機能がついているのではないでしょうか。機種によっては長時間録音できるものもあるはずですし、何より簡単に自分の声を録音することができます。

パソコンに録音

Windowsパソコンには、標準で音声を録音する機能があります。

場所は、スタート>すべてのプログラム>アクセサリー>エンターテイメント>サウンドレコーダーです。

マイクがついていないパソコンであれば、ヘッドセット型を購入することをオススメします。将来的にパソコンで再生できる洋画や英会話教材を使うときは、ヘッドホンのほうが聞き取りやすいからです。

ICレコーダー

これは持っている人は少ないと思いますが、携帯電話と同じように場所を選ばず手軽に録音できる点がいいですね。

カセットレコーダー

もう手に入らないかもしれませんが、私の時代にはカセットテープに録音していました。音声であれば録音を繰り返しても音が悪くなりにくかったのですが、頭出しが大変だったのを覚えています。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法