You Can Speak

実践的な英会話では日本語から英語に変換するスピードに何十秒もかかっていたら、コミュニケーションが成り立つでしょうか?

例えば、次の日本語なら何秒で英語に訳せますか?

『その学生は弁護士になるために勉強しました。』

中学生でもわかる英文ですが、もし10秒以上かかったとしたら会話が間延びしてしまうことは想像できるはずです。

日本語を一瞬で英語に変換できたとしたら、どれだけ会話が弾むでしょうか。

You Can Speakは、日本語を一瞬で英語に変換することを目的に作られた教材です。英語への変換スピードが早くなると、スピーキングだけでなく全てのスキルが上がります。

英語の回路(ロジック)を頭に作ってしまえば、日本語を英語に変換しているというより、イメージしたものが反射的に英語で口から飛び出してきます。

適切なトレーニングをすれば初心者でもロジックを身に付けることができますが、簡単ではありません。

音読と同じで毎日継続するのが一番の早道なのですが、
You Can Speakは飽きずに継続しやすい工夫がされています。

You Can Speakの特徴

・ブラウザを使うので、PC・スマホ・タブレットなど端末を選ばないこと。

・1レッスンが15分から30分と短いこと。

・制限時間が設定されているので集中力が長続きし、
 中身の濃い学習ができること。

・レッスンの採点結果が表示され進捗状況が確認できること。

You Can Speakは、Level1からLevel4まで各24ステップあり、合計で約2500のフレーズを練習することになります。

一つのフレーズを4つのパターンで完成させます

pattern

簡単なフレーズから始まって、複雑なフレーズも瞬間に英訳できるようになる構成になっています。

スポンサーリンク

4つのパターンをマスターして自由に使えるようになれば、英語力は相当上がっているはずです。

You Can Speakを使ってみる

学習の進捗状況が一目でわかるので、チャレンジしたいレッスンを選択します。
choice

下の画面はウォームアップのためのレッスンで制限時間はありませんが、
チャレンジモードでは7秒5秒3秒1秒から選びます。
lesson
英語を口に出して[言えた]か[言えない]をクリックすると、
英文が表示され音声が流れます。

文法がわからないときは、解説が用意されています。
grammer

この教材は良い意味でゲーム感覚で進めることができるので、あっという間に時間が過ぎてしまい点数が悪ければ「もう一回」とやる気がでてきます。

その点では、負けず嫌いの人に向いているとも言えます。

同じ趣旨の書籍が出版されていて『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』は代表的なようですが、自分のペースで問題を解いてしまうので学習効果は低いようです。

解答までに時間制限のあるクイズ番組を観ていると、いつの間にか引き込まれて『頭がフル回転』といった経験は誰にでもあるでしょう。

You Can Speakは、そのような心理を上手に利用して、ワクワクしながら学習を進められる教材だと思います。

You Can Speakのホームページでは体験版が用意されていますから、一度試してみてはいかがでしょうか。

You Can Speakについて詳しくは、ホームページhttp://www.youcanspeak.netで確認できます。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法