YouTubeの洋楽を教材に

YouTube でも、スピーキングの練習をすることができます。

洋楽に興味を持っている人は多いとも思いますけど、アーティストと同じように発音できれば、よりネイティブの発音に近づくことができます。

洋楽で英会話や英語の学習をしようとした人は、CDなどを聞きながら歌詞カードとにらめっこ。というパターンが多いと思います。しかし、YouTubeを利用すれば、音楽を楽しみながら英語のスピーキングを練習することができます。

まずは

YouTube にアクセスします。

youtube image

ページの上にある検索窓に、歌えるようになりたい曲を入力します。このときに、ちょっとした呪文を唱えます。

それは・・・

歌手名 曲名 lyrics

たとえば、バンヘイレンのジャンプであれば、次のように入力します。

jump

このように検索すると、歌詞がついた動画を検索できます。自分が読みやすいと思った動画を再生すれば、音楽とともに歌詞が表示されるので、カラオケのような感覚で歌うことができます。

録音ソフトを同時に起動しておけば自分の声を録音できますから発音のチェックもできますし、ちょっとした息抜きに英語の歌を歌ってみるのも気分転換になっていいと思います。

動画のダウンロードやブログへの転載は著作権の侵害になりますから、あくまでもブラウザーでの再生にとどめてください。

ケリー兄弟の英語教材

ケリー兄弟のインターネット上の英語教材

愛知工業大学で教員をしているケリー兄弟が運営されている、日本人向けの英語学習サイトです。

英単語・英単語・文型のコーナーは、一通り目を通しておきたいですね。とにかく量が膨大なので、すべてをマスターしていくのは大変そうです。

ケリー兄弟のインターネット上の英語教材の感想

毎日の英単語クイズは英単語と日本語訳をドラッグでつないでいくので、ゲームをしているような感覚です。知っている単語を早く見つけてうめてしまい、知らない単語は想像してうめていくことで表現を覚えていくことができると思います。

過去に出題されたクイズにも挑戦できますから、繰り返して反射的に回答できるように練習すると効果的です。時間が経つと忘れてしまう単語もありますけど、時々出てきた単語を再確認すると記憶に残りやすいものです。

リスニングセクションにある Listen and Read Along は、シャドーイングに最適です。音声は比較的ゆっくりした速度ですから、発音を真似るつもりでシャドーイングしても十分に間に合います。

全体にクイズ形式が多いので、肩に力を入れずに学習できる構成になっています。マウスだけで操作できるのも、学校英語っぽくなくて親しみが持てます。

音声の一部はコンピューターの合成音声ですから、多少もたつくように聞こえることもあります(日本語も含めて)。そこは、英語表現を覚えることに専念すれば、特に気になることではないと思います。

Project gutenberg

Project gutenberg

site of gutenberg

アメリカの法律で著作権の切れた図書を、ボランティアがテキスト化し音声化しているサイトです。英語以外にもドイツ語やフランス語があります。位置づけとしては、町にある図書館といったところでしょうか。

あくまでもアメリカの法律による著作権切れですから、日本では個人利用の目的で使うほうが無難です。

海外文学に興味がある人にとっては、原書の英文に加えて音声を聞くことができるのですから、まさに宝の山といったころではないでしょうか。

音声はボランティアの肉声によるものとコンピュータによるものがありますけど、私たちが知っている小説などは肉声と思って間違いないと思います。

英語での題名を知っていれば、サイトの左上にある検索窓に英単語を打ち込めば検索できます。「アルプスの少女・ハイジ」なら、”heidi” といった要領です。

日本での題名は知っているけど、英語ではどう書くのか分からないということもあると思います。例えば「トムソーヤの冒険」であれば、google などで「トムソーヤの冒険 英語表記」で検索すれば英語での題名が分かります。

Project gutenberg の感想

ボランティアの人が吹き込んだ音声ですから、日本人が聞きやすいようには録音されていません。普段の会話で使っているような話し方なので、人によってはぶっきらぼうに聞こえることもあります。

感情たっぷりに話す人もいれば、朗読のような話し方の人もいます。しかし、ネイティブの人が当たり前に使っている話し方ですから、逆に面白いとも考えられます。

ある程度、英語が聞き取れるようになった時点で挑戦してみると、リスニング力がアップするのは間違いありません。

Project gutenberg は難しいけど小説から英語を勉強してみたいと興味を持っている方は、イングリッシュ・アドベンチャーがオススメです。私も受講しましたが、洋画や海外ドラマが聞こうと思わなくても勝手に理解できるほど効果があります。

イングリッシュアドベンチャーの感想はこちらでレビューしています。

University of Victoria

University of Victoria

カナダにある大学が English Language Center の一環として提供している、英語学習サイトです。大学らしい教材の作り方で、英文法や英文の読解力に力を入れています。

カナダの大学ですから、サイトの内容はすべて英語で書かれています。しかし外国人向けのコースですから、それほど難しい英語は使われていませんので安心してください。

コースのレベルは5段階に分かれていて、一番簡単なレベル200では、中学英語でも十分についていけるはずです。

コースは、
・Excercises で文法を学習する
・文法のテスト
・Reading で短い文章を読んで理解力のテスト
・Vocabulary を増やす
といった内容で構成されています。

University of Victoria の感想

英語に不慣れな外国人を対象に作られたサイトだけあって、英語が苦手な人にもやさしい構成になっています。

レベルが5段階に分かれているので、無理をせずに初級コースから取り組んでいけば、スムーズに上級コースまで進めると思います。

説明に書かれている英文がやさしく、理解に役立つような挿絵が用意されているので、教科書とにらめっこといった感覚でなく楽しくレベルアップができるはずです。

この大学では短期集中の英語学習セミナーを実施しているので、その宣伝も兼ねて作られたコーナーのようですね。生徒に無理なく英語を学んでもらおうとする姿勢が、このコーナーにも生かされているのかも知れません。

シミュレーション英会話

シミュレーション英会話

SimulationEnglish

一対一のマンツーマンで英会話を教えてくれる英会話学習サイトです。定番英会話フレーズでは、必ず覚えておきたいフレーズが多数用意されています。

旅行英会話、日常英会話のシミュレーション・コーナーでは、実際の会話がシミュレーションできます。

相手の話していることに四択で答えていく形式ですが、普段から英会話に慣れていない人だと、聞き取るのに神経を集中して数分でくたびれてしまうかもしれません。

これに加えて、英語表現と英単語の学習コーナーがありますから、このサイトだけでもかなりの英会話が習得できると思います。

英単語の学習コーナーでは、イラストの下に選択肢が3つあり、音声が聞こえてくるので正しい音声をクリックするといった形式です。

時間制限があるので、ゲーム感覚とはいえ楽しみながら聞き取り能力が向上できるはずです。

シミュレーション英会話

実践的な英会話に必要なことを、無料で利用できるのは驚きのサイトです。すべてに挑戦しようとすると、かなりの時間を必要としますから、じっくりと取り組んでみたいですね。

音声だけでなく動画をうまく活用して、途中で飽きがこないように作られているのも親切です。

取りあえず基本的な英会話を学習したいという人には、目的に合わせたコーナーだけでも利用してみれば効果的だと思います。

名前の通り、第二言語として英語を学習したい人に向けたポッドキャストのサイトです。

英会話形式のダイアログで、かなりユックリとした会話になっていますから、発音を正しく学習したい人には向いています。会話は2~3分で、解説が10分ほどあります。

トピックのカテゴリーが豊富なので、好きな分野のカテゴリーを選んでもいいでしょうし、ちょっとした話題を扱っている English Cafe も話題作りには最適かも知れません。

各トピックに関連した英単語を解説してくれるので、関連した語彙を増やすことができます。

ELS を使ってみた感想

教材部分の音声スピードがかなり遅いので、音読に慣れてしまっている人にとっては物足りない感じがするでしょう。

ユックリと話してくれるのは、それだけ正しい発音をしてくれているということですから、発音の確認には向いているサイトだといえるでしょう。

印刷したダイアログに発音記号を記入していくことで、発音記号と実際の発音を比べることができますから、自分の発音に自信のない人にとっては活用できるサイトだと思います。