音読と英文法の関係

英語の音読をするのに欠かせないのが、基本的な英文法です。英語を正確に和訳できたとしても英文法の知識が少ないと、どうしてそのような英文になるのかが理解できません。

単に英語を読むだけの音読であれば誰にでもできるのですが、それでは音読の効果を十分に感じることができないのです。英語の音読を続けてみたけど全然効果がなかったという相談を受けることもありますが、そのような人たちに共通しているのが基礎的な英文法でした。

中学校で学習する英文法が身についていれば、英単語を学習するだけでかなりの英語を話すことが出来ます。

スポンサーリンク

英文法は難しいと感じる人が多いのですが、日本語とはまったく異なる文法なので理解するのが難しいのは当たり前のことです。ピラミッドに書かれている絵文字を解読するのと同じくらい難しいのですが、英語を話せる人がいることが私たちには嬉しい存在だといえるでしょう。

英文法は覚えるものではなく理解するものなので、歴史のように暗記する項目はほんの少ししかありません。中学英語に自信がない人には、この教材で学習することをおすすめします。私も受講してみて、こんな学習方法があるのかとビックリした方法です。

英語学習の遠回りな方法

英語学習で遠回りな方法の一つが、単語の入れ替えです。

一つの文章や会話などを覚えると、単語を入れ替えて練習する方法です。

I have a pen. を覚えたとすると、

I have a book.
I have a pencil.

などと単語の一つを入れ替えて、繰り返し I have の構文を覚えることは誰でも経験があるはずです。

しかし、この方法でたくさんの文法や構文を覚えようとすると、時間がかかりすぎるだけでなく最初に覚えたはずの構文を忘れてしまうことになります。

気がつくと学習することさえ忘れてしまい、「自分には英語は向いていない」と落ち込むことになります。

文章や会話は流れが重要ですから、一つの文章を覚えようとするのではなく流れを覚えるほうが効率的です。

それには音読が最適ではないかと思います。

英文を和訳せずにイメージとして話す必要がありますから、日本語訳も文法も完全に理解しているやさしい英文を繰り返し音読すれば英語は自然と話せるようになります。

もちろん単語力は必要ですから、英単語はそれだけ集中して覚えることになります。

スポンサーリンク

英語を音読する声の大きさ

英語を音読するときに、どれくらいの大きさの声を出せばいいのでしょうか。

アナウンサーの発声練習に興味を持ったときに少し調べたら、5メートル離れた人に届くような声の大きさで話すのが一番いいトレーニングになるのだそうです。

日本語は母音が多いので小さな声でもある程度は伝わりますが、声を商売にしている人は腹式呼吸ではっきりと話す必要があるということでした。

英語は子音が多いので、特に腹式呼吸で話すことが重要です。腹式呼吸でないと子音が小さくなってしまい、声が相手に届かなくなるからです。

しかし5メートル先まで声を届かそうとすると、時間帯にもよりますが一戸建てでもない限りお隣さんに聞こえてしまって、ちょっと恥ずかしい思いをするかもしれませんね。

実は、どうしても大きな声で音読できないときの練習方法があります。

それは、両手で耳を押さえて声を出す方法です。いつもより、自分の声が大きくハッキリと聞こえませんか?

たまには、こんな英語の音読方法を試してみるのも、気分が変わって楽しくなるかもしれませんよ。

英単語の覚え方3

英単語を覚えるのに、ひたすら紙に書きだす方法があります。学生時代に英単語を覚えるために、ノート一面に同じ英単語を書きなぐった経験があると思います。

この方法は、英語を書き慣れていない、中学・高校生には大切な練習方法ですが、大人になってからは時間のムダが多い学習方法です。

では、英単語をひたすら書きだすメリットについて考えてみましょう。

■メリット

1.文字をキレイに書けるようになる

文字というのは、コミュニケーションのためのツールですから、相手が読める程度にキレイに書く必要があります。文字をキレイに書くという練習のためには、ひたすら紙に書いて手に覚えさせる必要があります。

2.スペルを丸暗記できる

中高生のテストは、英語を紙に書き出す形式が多いので、英語を早く正確に書く必要があります。しかも、英単語のスペルが間違っていると、その回答は✖になりますから、紙に書きだす練習は欠かせないものになります。

これは英語に限らず日本語でも同じですね。国語に限らず他の教科でも、漢字や送り仮名を間違えると、その回答は✖になるので、紙に書きだして覚えるほうが効率がいいのです。

■デメリット

大人になってからのデメリットはというと・・・紙に英語を書く必要がないのが一番の理由です。

多くの人は学校を卒業すると、日本語であれ英語であれ、紙に書いて誰かに見てもらうという機会はほとんどないと思います。

私は日記や手帳にも英語を使うことがありますが、正しいスペルまでは意識していません。紙に書いた英語を他人に見られないので、そこまで神経質にならなくてもいいと思っているからです。

それだと英語が上達しないのでは?と思うかも知れませんが、正しい日本語を書くために、漢字の書き取りをするでしょうか。うろ覚えの漢字は、ひらがなで書いたり適当な漢字を自分で作ったりして(汗)、ごまかすこともあるはずです。

漢字検定の資格を取ろうとしている人以外は、大人になってからわざわざ紙に書くことはしないでしょうし、しなかったからといって日常生活に支障が出ることもありません。

人に見てもらう英文はパソコンで入力することになるのですが、今のパソコンにはスペルチェック機能がついているので、間違っている英単語には波線がついたりして正しい英単語の候補まで表示してくれます。

英語のネイティブも、まったくこれと同じだそうです。

よほど知能の高い職業についている人以外は、ミススペルは当たり前だし、誰もそれを恥ずかしいことだとは思っていないのです。

英単語を書き出すのには、机の前でないとできない練習ですから、毎日続けるというのも難しいのではないでしょうか。

■結論

英単語を覚えるため紙に書く練習は、時間の無駄が多すぎます。ひとつの英単語にこだわらず、音読教材の英文を紙に書き写すほうが、総合的なバランスの良い練習ができます。



■関連コンテンツ
英単語の覚え方1
英単語の覚え方2

英会話の基礎になる3要素

英会話を基礎から学習するのに、絶対に外せない3つの要素について解説したいと思います。

逆にいうと、この3つを重点的に学習すれば、基礎は卒業ということになるくらい重要なポイントでもあります。さらに中級へもスムーズに進むことができるようになります。

英文法

基礎となる英文法はそれほど広い範囲ではありませんが、これだけでも日常のことを話したり、海外旅行でも困らないくらいの英会話力がつきます。

■文型

英文法と聞くと苦手意識が強い人が多いと思いますが、英語には文型というのが4つあって、これに品詞を埋めていくだけで、立派な英作文ができてしまいます。

■品詞

名詞、副詞、形容詞、動詞といった品詞の使い方を知っていれば、これを文型に当てはめていくことで英文が完成します。少しだけ補足すると、副詞+形容詞+名詞といったものも、ネイティブは「名詞」として扱っています。

例をあげると、ball は名詞ですが、small white ballといった、副詞+形容詞+名詞も単なる名詞として文型に当てはめるということです。

この2点を覚えているだけでも、簡単な英文が完成します。複雑な長い英文になっても、この2つの規則は原則として変わりませんから、完璧にマスターしておきたいですね。ステップアップしていく過程で英語が理解しやすくなり、学習が楽しくなります。

英文法を理解していれば、ここまでが名詞だからとか、カンマが入っている位置がここだからといったことが理屈で分かるので、知っている英単語ばかりなのに意味が分からないといったことがなくなります。

早くペラペラになりたいからといって、英会話の例文を覚えようとか、聞き流していればいつかは英語が口から飛び出してくるはずだといった学習方法はかえって回り道になります。

効果がないことを実感して英文法の大切さに気づけば、今まで聞き流してきた英会話も無駄にはなりませんが、それでは時間のムダが多すぎます。

英単語

英文法と合わせて学習したいのが英単語です。英文法をマスターしても、肝心の英単語が不足していたら、話すこともできませんし聞き取ることもできないですよね。

他のページでも英単語の覚え方を書いていますが、英単語を覚えるのに単語カードは必要ありません。英文法を学習したら、そこに入れる英単語の数を増やし、音読して文章で覚えるのが一番効率的です。

和英辞書や電子辞書といったものを持っていれば、自分が言いたいことを調べられますし、なければインターネットの翻訳サイトを利用してもいいでしょう。それぞれの単語には品詞と使い方も書かれているはずですから、英文法に当てはめていけば間違いのない英文ができます。

頭で分かったつもりでも、案外理解していないことが多いので、必ず紙に書きだすようにしたほうがいいと思います。分かった部分だけ書きだしておけば、あとは英文法の規則で組み立てるだけです。

この手間を惜しむと上達が遅れるのは、私の経験からも言えますから、必ず紙に書いたほうがいいと思います。パソコン入力ではダメです。

リスニング

英文法と英単語の知識が増えてくると、その英文を聞き取ることができる、正しい発音で話すことができるようになるための練習に進みます。

話せない言葉は聞き取れない。

これは英語に限らず語学の大原則ですから、まずはリスニングに集中しましょう。自分が理解できる英文を正しく聞き取ることができれば、正しく話すこともできます。

grass とglass、play とpray、she と see など全く同じに聞こえてしまう音も、しっかりと意識して聞いていれば違いが分かってきます。

そのためには発音を体で覚えるようにしましょう。発音記号は約40個ありますから、これを覚えてしまいましょう。

ただ、発音記号だけを丸暗記するのはかなり大変な作業ですから、やはり英文を紙に書いて、その上に発音記号を書いていくのがいいと思います。

早口音読に挑戦

音読をしばらく続けていると、テキストに書かれている英文を見ただけで英語が自然と口にでてきます。

普通のスピードでの音読に慣れてきたら、早口音読に挑戦してみましょう。

この練習は、NHKの語学番組で使われているようなテキストが最適なのですが、ネイティブが1センテンス読んだ後に生徒が続けて発音するといった教材です。

例えば次の様な文です。

How about this green one?
<pause>
Yes, I’ll take it.
<pause>
How much is it?

この様な例では、<pause> の部分を一回しか音読しないのが普通の学習方法ですが、<pause>の部分でなるべく早口で2~3回音読してください。

この練習を続けていると、自然と英語が口から出てくるようになるだけでなく、ドラマなどで早口だと思っていた会話が自然と聞き取れるようになります。

話せる英語は聞き取れるの原則です。

必死に聞き取ろうとしなくても、「あっ、今何を話したか分かった」といった回数が増えてきます。ドラマではネイティブが普通に会話しているスピードで話していますから、これが聞き取れたときの喜びは何ともいえません。

速聴といって2倍速の会話を聴き続けていると、普通のスピードの会話が遅く感じるといったトレーニングがあります。早口音読は、これを自分でやってしまおうという発想です。

もちろん、話すスピードも速くなりますから、口が英語を覚えてしまっているということです。

日本語ではなく英語で考える練習にも最適ですから、普通のスピードの音読に慣れてきたら、ぜひ取り組んでいただきたい練習方法です。

初心者が覚えなくていいもの

英語を学習し始めると、覚えることが多すぎて嫌になることがあります。これは、覚える順序が分かっていないため、例えば英文法なら参考書の1ページ目から順に学習を始めてすべて覚えようとするからです。

ところが嬉しいことに、英語初心者にとっては、「そういうものがある」程度に覚えておくだけでいいものがあります。

『冠詞』・『前置詞』・『可算不加算名詞』の3つです。

冠詞

冠詞の the は、相手にも何かということが分かっている名詞の頭につけると習います。

I bought a book. The book is very good. のような使い方です。

でも、I can play the guiter. のように、どのギターか分からなくても the guiter となるケースもあります。自分の家にあるギターしか弾けないということは、まずないでしょう。

冠詞がつかないこともありますね。go to school もひとつの例です。 生徒や学生なら自分の通っている学校だと特定できるので、the が付きそうですが付けないのです。

このような名詞は他にもたくさんありますが、最初は覚える必要がありませんし、たとえ間違えていたとしてもネイティブの人に伝わらないということはありません。

前置詞

前置詞も非常に複雑です。

in time と on time の違いなどは、図で説明してもらっても、しばらくしたら忘れてしまうでしょう。

可算名詞・不加算名詞
apple 可算名詞だけど rice は不可算名詞といったことを聞いたことがあると思いますが、可算名詞のようで実は不可算名詞もあり、すべてを一度に丸暗記するのは不可能だといえます。

これらは一度に覚えるのではなく、「そんなものがあって、こんなときに使うんだな」くらいに覚えておくのがちょうどいいんです。

英語の音読で多くの英文を読むことで自然に覚えてしまうこともありますし、初級から中級へステップアップするときに詳しく学習するのもいいでしょう。

あまり細かいことにとらわれないことが、英会話初心者には必要なことです。

英文法は暗記するものではない

英語の学習は暗記することが多すぎると感じている人は多いはずですが、英文法に関しては暗記するものではなくて考えて理解するものです。

英文法には学習する順序というものがありますから、「ここは理解できないから後でやろう」と後回しにすると、その先で必ずつまづくものです。

もし、英文法を丸暗記するものだと感じているのなら、その前に習っておかなければならない英文法を理解していないからです。

わたしは関係詞が苦手でしたが、それは英語の基本文型を理解していなかったからです。S+V+Oといったものですね。

こんなの覚えても仕方ないんじゃないの?と、適当に済ませておいたのが、後になって英語が苦手になった理由だと分かったのはずっと後のことでした。

例えば次のような例文を取り上げてみると、___にはどんな関係詞が入るでしょうか。

1.This is the city ___ I visited last year.

2.This is the city ___ I went last year.

答えは、1.には which 、2.には where が入ります。

which は関係代名詞です。I visited last year. には目的語である名詞が抜けているので、それを補うために名詞の役割をする代名詞の which が入ります。

where は関係副詞です。visited は他動詞ですが went (go) は自動詞なので名詞ではなく副詞が続きます。 to the city のように前置詞+名詞つまり副詞か、副詞の there が続くわけです。

ここまで読んで、自動詞・他動詞・前置詞・副詞の役割が分からないことには、関係詞も理解できないことが分かると思います。

つまり、このような前提条件を知らなければ、関係詞も理解できないわけです。

それでは、市販の学習参考書を買って一から読んでいけばいいのかというと、あまりにも量が多すぎてとても処理しきれないはずです。

市販の参考書には、初級用・中級用・上級用と分かれているものは、恐らくないでしょう。かといって、中学・高校といった学年別の参考書を順に読んでいくのは、あまりにも効率が悪すぎます。

私が試してみて一番わかりやすく、順を追って英文法を学習できたのは、「ゼロからの英語やり直し教室」という通信講座でした。著者の鈴木さんは学生時代に英語が苦手だったので、何が原因で英文法が理解できないのかを自身の体験からよく分かっています。

私が受講したレビューをこちらでレポートしていますので、英文法を理解するための参考になれば幸いです。

英語に飽きたら散歩

英語の学習をしていると、時々スランプに落ち込むことがあります。

そのようなときには、気分転換をすることでヤル気がでてくることもあります。

気分転換には、人それぞれの方法があるでしょう。ドライブやツーリングに出かける、テレビゲームをする、お風呂にユックリとつかる。

そのような中でも、簡単でお金もかからなくて効果のある方法を紹介したいと思います。

それは、散歩です。

散歩をしているときは、頭の回転が早くなります。運動によって体中の筋肉を動かすことで血流が増え、脳に流れる血液の量も増えるからです。

記憶力、想像力、理解力、発想力などが高まるだけでなく、ヤル気も高めてくれます。

何をするにしても、動機が必要です。達成したときの喜びを感じることができれば、ヤル気も出ます。それが動機です。

英語の学習を始めたキッカケは何だったのか?そんなことを考えながら散歩をしてみると、英語をマスターしてからの自分を想像してニヤニヤするかも知れません。

考え事をするときに散歩をしてみると、思わぬアイデアが浮かぶことがあります。

新しい学習方法を思いついて試してみようと考えたり、英語ができればあんなこともしてみたいなと将来の希望が増えるかも知れません。

適度な運動はストレス発散にもなりますから、心も体も元気になる散歩を試してみませんか。

音読と発音の関係

どの言語でも同じですが、発音が違えば全く違う意味になってしまいます。正しい発音を身につけるためにも、音読は重要な方法だと思います。

英会話中級の人が最近買った家のローンについて、英会話教室の先生と話をしていたところ、どうも話が噛み合わない。詳しく話をしてみたところ、生徒はローン( loan )の話を、先生は芝( lawn )の話をしていたといった笑い話があります。

英単語を覚えるときは、発音も同時に覚えておかないと、上のように会話にならないことがあります。単語は文字で覚えたとしても、発音を覚え続けることは難しいのではないでしょうか。

音読が英会話の学習に最適なのは、英語を声に出して読むことで、スペルと発音を同時に覚え続けることができるからです。

英会話初心者では、英文と音声がセットになった教材を選ぶのがベストです。それもネイティブに近いスピードから始めるほうが、後になって英語が聞き取れないといった問題がおきにくいと思います。

自分が発音できる音が聞き取れないといったことは絶対にありませんから、初心者のうちに正しい発音・リズム・イントネーションを音読によって習得していただきたいと思います。