洋楽の音読は効果があるのか

英語の歌(洋楽など)で、音読をする方法もあります。

何回聴いても飽きないほど好きな音楽ならば、耳にも残りやすいですし歌いながら英語の勉強にもなる。

こんな考え方もあって、数年前は流行したような気がしますが、今では聞かれない英語の学習方法になってしまいました。

その理由について考えてみたいと思います。

実は私も洋楽を使った英語の学習方法を試したことがありますが、独学でやるには効果が低いというのが正直な感想です。

音楽を使った方法は英会話の学習というよりは、正しい発音を身につけることだけが目的ですから、時間がかかる割には英会話が上達しているという実感が沸きませんでした。

スポンサーリンク

日本の歌でもそうですが、歌詞というのは詩(ポエム)なので日常で話す表現とは異なります。使われている単語も、滅多に使わない単語が多いので、しばらくその曲を聴いていないと意味さえ忘れることもあります。

どれだけ洋楽を聴き続けても道案内さえできないでしょうし、海外旅行で違うサイズの服を見せてもらうこともできないでしょう。

また、歌は聴いて心地よいリズムがついているので、日常会話のリズムとは違います。

これから英会話を学習しようとする人は、自分で上達を確認できる、より実践的な日常会話を重点にマスターしていくほうが大切だと思います。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法