自分の発音を録音するメリット

英会話の学習で欠かせないのは、とにかく声を出すことです。

ところが、独学を続けていて一番心配になるのは、自分の英語が相手に通じるのだろうか?ということではないでしょうか。

その不安があるために、途中で学習を投げ出してしまったという人も多いようです。

自分の英語が相手に通じるかどうかは、発音やリズムがモデルとなる音声と同じであるかどうかで判断できます。英会話初心者の人が音読に使う教材は、必ず音声付の教材にするよう勧めているの理由がそれです。

CDなどから聞こえてくる音声と同じように話しているつもりでも、イザ自分の音声を録音して聞いてみると、意外に違う点が多いことに気付くはずです。

スポンサーリンク

日本語であれば、例えば口の中に食べ物が入ったままでモゴモゴと話して発音が正しく聞こえなくても、全体のリズムで意味は聞き取れるはずです。このように、多少発音が違っていたとしてもイントネーションやリズムが正しければ、英語が通じることもあります。

逆に、外人さんが話す日本語でリズムが日本語らしくなければ、聞き取りに苦労することが多いのは、テレビなどを観ていても感じることです。

自分の話す英語を録音して聞くことで、自分のクセを発見することができます。私の場合は、”don’t” を強く発音しすぎるクセがありました。

話している声は自分の耳で聞くことができるので、録音してまで発音チェックをしようとする人は少ないのですが、確実に相手に通じる英語をマスターするためには、自分の声を録音してモデルの音声と聞き比べるという作業は絶対に必要だと思います。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法