英語リスニングと落語

英語のリスニングと落語の関係について、少し書いてみたいと思います。

最近、落語を聞く時間を多く取っています。お笑いは以前から好きで Youtube などの動画を観ていましたが、急に落語を聞く時間が長くなりました。

落語は「見る」ではなく「聞く」が正しい表現だそうです。

名人といわれる落語家の噺を聞いていると、目の前に登場人物がありありと見えてくるから不思議です。

今は亡き三代目桂枝雀師匠は英語で落語を演じようと、細かい表現をアメリカ人と相談しながら決めていたという逸話も残っています。

英語で演じられている落語をわざわざ聞く必要はないのですが、上手に演じられている落語は想像力を鍛えてくれるような気がします。

落語というのは、先人の落語家が言葉を選びに選んだ末に完成された物語ですが、演じる人によって微妙に語り口が変わります。

その人の性格によって、穏やかであったり、賑やかであったり様々です。

スポンサーリンク

しかし、基本となる噺は師匠から直接習います。

この話を英語のリスニングにあてはめてみると、英語教育用に言葉を選んで出来た教材というのは、英会話初心者が必ず通らないといけない道ではないかということです。

いきなり海外ドラマや洋画を教材にしても、基本ができていないのでいい加減な話し方にしかなりません。

では、どのような教材が自分にあっているのかというと、英語を聞いたときに情景がはっきりと浮かぶくらいのものだと思います。

聞けるというのと、話せるというのは別物です。その教材をネイティブの前で読んでみて、ネイティブが理解できなければ話せていないということです。

自分にあった教材をとことん音読して、完全に自分のものにする。話しながらもその情景が自分でもはっきりとイメージできるようになれば、そのレベルは卒業したといえるでしょう。

スポンサーリンク

人気コンテンツ
音読が始めての人でもできる効果的な方法